TBS UNIFY PRO 5G8 HV SE (MMCX)
5c138c51c3976c5e3547fba6

TBS UNIFY PRO 5G8 HV SE (MMCX)

¥5,300 税込

送料についてはこちら

新しい6S対応版、FPVカメラ用の5V出力も用意。スマートオーディオ完全対応はもちろん、新たにTBSクリーンスイッチとTBSピットモードを追加。アンテナコネクタはMMCX 市場で最も人気でパワフルなビデオ送信機に兄貴の登場。6S電源に直接繋げる事ができ、FPVカメラへの5V電源も供給。電源はフィルターされ、TBS COREやTBS Powercubeを使わなくとも綺麗な映像を約束。全く新しいアクティブパワーモニターにより、レースでの条件も満たし最も綺麗な映像を約束 サイズは31x22x6mmにして僅か7g、ドローンに付けている事すら分からない重さ。25mWから1Wまで出力を調整可能なのでレースはもちろん、強固なコンクリートの中でも十分貫通出来るパワーを用意。40CH用意されているのでどんなレースでもビデオ送信機を変える必要はない ピットモード - レースの為に 電源投入時の混信ゼロが可f能に。レースに参加した事あるなら必ず経験した事があるであろう、ドローンの電源を入れて機体のテストをできない苛つき。ピットモードを使えば出力を最低限(1mWよりも全然低い)に抑え、周波数はレースでは使われていない範囲に変更すれば映像を確認出来る。数mのレンジでスタート台に奥までの準備が可能に。加えてクリーンスイッチにより、他のパイロットに影響を与える事なく自分の指定された周波数に変更する事が出来る スマートオーディオ - 完全なコントロール スマートオーディオ技術はUARTとI2C制御をビデオ送信機に与える。これによりスマートデバイスから出力、バンド、チャンネルなどが全て自由に設定出来る(TBS Crossfire、プロポ、OSD等)。これだけの選択肢があれば必ずどれかあなたのニーズにあうものがあるはず。クリーンスイッチを組み合わせれば可能性は無限。飛行中のパイロットに影響を与えずにチャンネルを変更、バックアップや緊急用の周波数を設置、レースオーガナイザーによる統一されたVTXの設定、など CLEANSWITCH - 隣人に優しく TBSで開発された新しい技術クリーンスイッチによりVTXの電源投入時や周波数変更時に他のVTXに混信を招かない。現在の他社のVTXは電源投入時に周波数帯域の全域に渡って出力するため、設定した周波数に限らず、他のパイロットの映像にチラツキや酷い混信を招く事がある。TBSクリーンスイッチにより友達が飛んでいる最中も電源投入や周波数変更が可能になる。クリーンスイッチはレースや友達に優しい、これがTBSの本望です :) さらばディップスイッチ バイナリーを覚えるのは楽しい頭脳遊びだったかもしれない。現実はプッシュボタンやOSD制御の方が随分と楽だ。友達の周波数に設定してしまったり、ゴーグルの設定と周波数が合わない状況とはおさらば 仕様 入力: 2S - 6S 消費: up to 600mA 動作温度: 気流に気をつけてください オーディオキャリア周波数: 6.5 MHz ビデオ入力インピーダンス: 75 重量: 4.4g (PCBのみ) 入力コネクタ: JST GH 5pin アンテナコネクタ: MMCX 出力形式: NTSC/PAL 出力: 13dBm (25mW), 23dBm (200mW), 27dBm (500mW), 30dBm (1W*) サイズ: 31 x 23 x 5 (mm) 商品内容 TBS Unify Pro 5G8 HV SE (MMCX) Video Transmitter / Camera / Power cable TBS UNIFY Pro Manual TBS SmartAudio specifications 系統図 https://drive.google.com/open?id=1nNQY1Aj4VneStfQW6fCm8SRmxka9Efp5